デメリットも公平に説明してくれるリフォーム会社を選ぼう!

リフォームを行った時に成功するかそうでないかは、工務店の担当者の力量にかかっています。
担当者がどんな方法を提案してくれるのか、それを現場にどのように引き継いでくれるのか、その能力の良し悪しが影響してきます。

アドバイスを求めた時に、メリットだけでなくデメリットも含めて中立的な立場でアドバイスしてくれる担当者であるかどうかは重要です。
リフォームを行う時には、どんな設備を入れるにしても、それぞれメリットとデメリットがあります。

お客様がどんな機能を望んでいるのか、その機能の良し悪しや注意すべき点、寸法などを細かく説明してくれて、場合によっては間取りを変更する必要があること、それに伴って費用負担が増えることなども丁寧に説明してくれる担当者なら信頼できます。