バリアフリーリフォームで必要なもの、不要なもの

バリアフリーリフォームとは、障害物のない住まいという意味で、具体的には高齢者が住みやすいように家の中を改善していくことを言います。
その際に大切なのは、バリアフリーにするために現在の家の中で必要になるものと、不要になるものとを見極めていくことです。

たとえば、手すりが必要ということであれば手すりを付けることになりますし、段差が不要であれば段差を取り除く必要があります。
ただ単純に考えすぎてはなりません。廊下に手すりが必要だと思って付けたのに、ほとんど使うことがなかったとか、高さが合わなかったいうこともありえます。

費用もかかるので、予算内でリフォームを行うことを考えれば、本当に必要な部分に絞って手を入れていくことが大切です。