悪徳リフォーム会社の手口とは?

世の中には優良なリフォーム会社にまじって、極稀に悪徳な会社も存在しているので、利用しようと考えているのであれば十分な注意が必要です。
悪徳リフォーム会社の手口としては、まずスタッフがインターフォン越しに「外から見て家の強度が落ちてきている」などという真偽のほどが確かめられない情報を口にし、家のお直しが必要だということを信じさせることからはじまります。

通常優良な会社ならばそのようなスタッフによる訪問営業は基本的には行っていませんし、よくよく調べなければ家の強度などは分かるはずもありません。
本当かウソかもわからないような理由を並べて家の修繕・修理などが必要だと迫ってくるような会社は避けた方が良いといえます。